黄茶地小格子着物「草紅葉」

030 (1280x852) (2)

11月に撮影。

秋の野原の草紅葉の美しさから想起した小格子の着物。20数年前の仕事。

染料はヤマモモ、コブナグサ、アカネ、コチニール、ログウッド、藍、紅茶、など。

肌の色とこの着物の色があまり合わないのですが、

帯、帯揚げ、帯締めを顔映りの良い色を選んで取合せることでカバーしています。

帯はこちらのページでもご紹介しています。

(着物、帯ともに、中野みどり作)

 

025 (682x1024)

047 (682x1024)

 

着姿トップへ戻る / 作品トップへ戻る