羊歯文刺繍入り 節糸紬帯

IMG_4700 (1251x1800)

2月下旬の装い。

赤城の節糸を経緯に使い、サルスベリとヤマモモで染めた緑味のグレー地に
茶のすくい織で大地を表現した帯です。

漆絵からヒントを得て羊歯文様の刺繍を刺していただきました。
葉の先に紫やピンク、ブルー、オレンジ等をあしらっています。

以前主宰していた「地織りの会」でご自身用に織りあげた枇杷染めの縞紬に、
取り合わせて下さいました。
(帯、中野みどり作)

 

 

前柄は、この日はピンクの葉先ですが、
逆勝手はブルーとオレンジの葉先ですので、時によって使い分けることができます。

淡い藤色の帯締めとアイボリーの帯揚げで、早春の気配を演出した取り合わせです。

IMG_4702 (1800x1442) (1500x1202)

 

IMG_5243

 

6月には、同じく自作の淡い黄色の単衣紬と取り合わせて初夏の爽やかな装い。

こちらの帯は作品集「樹の滴」でもご紹介しています。

着姿トップへ戻る / 作品トップへ戻る