経絣着物 「冬の流星」

IMG_4664

2月下旬の装い。

藍に紅茶をかけた鉄紺地の経絣紬着物。
変わり糸を緯に使って立体的な風合い。
冬になるとよくお召くださっているとのことです。

型染の帯に、桜染めのグレーの帯揚げと江戸組紐の帯締めで、
心落ち着く取り合わせ。
(着物、帯揚げ、中野みどり作)

 

 

着姿トップへ戻る / 作品トップへ戻る