八寸帯「卯月野」

 

6月初旬に撮影。

お手持ちの単衣の紬に、八寸帯「卯月野」(中野作)と、

江戸切子帯留(小川郁子作)を取合せて、工房にお越し下さいました。

この帯は本来は透けた前柄の夏帯ですが、

この日は帯結びを工夫し、前の透けた柄を見せずに

無地の八寸として締めておられます。

 

 

この日は、お太鼓も柄を見せずに締めておられますが、

夏着物には、透け柄を見せて夏帯として取合せておられるとのこと。

無地のようで無地に非ず、白のようで白に非ず、

この帯の奥行きを季節毎に楽しんでくださっています。

 

 

着物、帯留、帯揚げの、トーンと質感を違えた青が

帯の白を際立たせています。

※画像クリックで拡大します

 

 

 

 

8月に撮影。

モダンな柄の紗の着物に、

帯は透けた横段を見せて盛夏の装い。

 

着姿トップへ戻る / 作品トップへ戻る