帯の着姿集

 

お客様のお手持ちの着物に、中野みどり作の帯を取り合わせた着姿をご紹介します。
譲り受けた着物、親の代の着物などとも取り合わせて愉しんで下さっています。

 

◎紬着物+半幅帯◎ NEW!!

 

 

11月下旬に撮影。

太い糸で織られた紬の着物に、

紬半幅帯(中野作)を取合せ。

紫の段から緑の段へと柄が変わっていくので、

締める方向と結び方によって

前柄、手先と垂れ、結び目の、

柄の表れ方が変化します。

この日はシルバーの帯留を取合せ。

寒色でまとめたスタイルに

長襦袢の朱色がよく効いています。

 

 

 

◎大島+絣帯「里山」◎ NEW!!

 

11月下旬の装い。

ブルーグレーの大島紬に、

絣の帯「里山」(中野作)を取合せ。

絣の黄色と紺をアシンメトリーに配し、

締める向きによって、

前柄の主役の色が変わります。

この日は黄色が多く見える向きに締め、

濃い紫色の帯揚げを添えて、秋らしく。

クールな印象の着物と、

柔らかなピンクベージュの帯の取合せが

ご本人の肌色をより美しく

引き立てていました。

作品ページでもご紹介しています。
→「里山Ⅱ」

 

 

 

◎小千谷縮着物+半幅帯◎

 

 

 

 

 

8月中旬に撮影。

紬半幅帯(中野作)を

小千谷縮の着物に取合せた

盛夏の装い。

 

 

 

◎木綿着物+半幅帯◎

 

 

 

5月下旬に撮影。

同じ半幅帯と

地厚な松阪木綿の単衣を合せて

初夏の軽快な装い。

ベージュの帯締を添えて、

カジュアルになりすぎない

大人の取合せです。

 

 

◎色無地+半幅帯◎

 

5月初旬の装い。

同じ帯に、色無地に取り合わせて

作品集「樹の滴」出版記念の集いに

ご出席下さいました。

色無地に紬の半幅帯を取り合わせることは、

一般的ではありませんが、会の趣旨を考慮して

あえてこの素敵な取り合わせにされました。

帯締の色で祝意を表して下さっています。

ブログでもご紹介しています

 

 

 

◎お召縮緬+縞帯◎

 

 

3月初旬の着姿です。

細かな縞のお召に、オフホワイトの縞帯の取合せ。

脇に少し見える帯締の深緑がアクセントになっています。

よこ糸の太さを変え、シンプルな段を織り出しました。

段の位置をずらしたり、小物の取り合わせによって

表情を変えられる余白のある帯です。

(帯、帯揚/中野作)

 

 

◎単衣+八寸◎

 

 

6月初旬の装い。

お母様から譲り受けた単衣着物に、八寸帯「卯月野」(中野作)を取り合わせて。

「卯月野」の着姿は、こちらのページで詳しくご紹介しています。

 

 

◎上布+緯絣半幅帯◎

 

 

譲り受けた古い越後上布着物に、

緯絣の半幅帯(中野作)を取り合わせて、

盛夏の涼しげな装い。

他にお持ちの宮古上布にも取り合わせるために

オーダーして頂き制作した半幅帯です。

夏用の帯芯を入れて仕立ててありますので、

オールシーズンお使い頂けます。

こちらのページでも帯をご紹介しています。

 

 

 

◎絣着物+段帯◎

 

 

9月の装い。

お母様から譲り受けた絣の単衣に、灰緑色の帯「草の根」(中野作)を取り合わせて。

素朴な絣の着物を現代感覚で着こなしています。

「草の根」は、こちらのページでもご紹介しています

 

 

 

◎結城紬+すくい織帯◎

 

 

2月に撮影。

紗綾形文様の結城紬に、

すくい織で横段柄の丸紋を

織り出した帯(中野作)の取り合わせ。

古典柄の着物と現代感覚の帯を、

柄の違いの妙で愉しむモダンな装いです。

帯は作品ページでもご紹介しています。

 

 

 

◎久米島紬+縞帯◎

 

12月の装い。中野みどりの着姿です。

譲り受けた久米島紬に、

白地に縞の名古屋帯(中野作)を取り合わせて。

産地の素朴な紬に、シンプルな縞帯で現代的に。

ブログでもご紹介しています

 

 

 

◎久米島紬+半幅帯◎  NEW!!

 

 

 

11月下旬に撮影。中野みどりの着姿です。

おそらく戦前のものと思われる手つむぎの糸味のある古い久米島紬に、

紬帯「緑蔭」を取合せ。

「緑蔭」は藍小格子着物の取合せや、

「草紅葉」の着姿でもご紹介しています。

 

 

 

◎久米島紬+半幅帯◎

 

1月の装い。

同じ着物に半幅帯(中野作)を変わり結びで。

 

 

 

着姿トップへ戻る / 作品トップへ戻る