此の手縞着物

 

 

3月初旬の装い。

娘さんと共用で仕立てられた袷の着物です。

サクラ、ウメ、アンズ、ヤマモモなどで染めた大人のピンクの此の手縞。

お母様から譲り受けられた染帯と、びわで染めた帯揚を取合せました。

(着物、帯揚/中野作)

 

 

 

 

同じく3月初旬の装い。

帯は、ヤマモモの地に藍のシンプルな縞。

取合せの小物も柔らかな早春の色を重ねて。

(帯/中野作)

※こちらの帯は作品集『樹の滴』でもご紹介しています。

 

 

 

着姿トップへ戻る /  作品トップへ戻る