藍縞半幅帯と夏着物

 

 

7月下旬に撮影。

宮古上布に藍縞半幅帯(中野作)を取合せた盛夏の装い。

緯糸に表情のある節糸を使った奥行きのある半幅帯は、

上質な夏の着物とも合わせられます。

帯締は、インドネシアの古い蜻蛉玉をあしらったものです。

 

 

 

 

竹バッグを合わせて涼しげに。

※林まさみつ作の竹バッグは櫻工房でも取扱っております。

詳しくはこちらからお問合せ下さい。

 

 

 

 

 

8月の装い。

帯結を変え、宮古上布に取合せました。

巻く向きを変えたので表に見える縞の色も少し変わり、

違った印象になります。

 

 

 
硝子の帯留「湖畔」を取合せて。

江戸切子作家の小川郁子さんの工房に打ち合わせで伺った際、目にした

硝子の端材を帯留に加工していただいたものです。

色合いを山と湖に見立てて、「湖畔」と名付けました。

 

 

 

 

真田紐の鼻緒でアクセントカラーを添えました。

 

 

 

 

こちらも8月の装い。

帯結びを変えて、小千谷縮と取合せました。

盛夏だけでなく、通年活躍してくれるこちらの半幅帯は、

着姿ページ「此の手縞単衣着物」の6月の装いでもご紹介しています。

 

小千谷と半幅

着姿トップへ戻る / 作品トップへ戻る